【2/5 金曜日】小売業界の主要ニュースまとめ

本記事は小売業に携わるビジネスパーソン及び店舗で働く従業員の方々に向けて、小売業界に関わる前日の主要ニュースをまとめて、月曜日から金曜日の毎朝7時半頃に発信しております。
ジャンルは①業績/速報、②出退店/買収、③トレンド、④店舗/EC融合、⑤エシカル/サスティナブル、⑥営業戦略、⑦働き方改革の7つとなります。

  1. 業績/速報

    1.   家電量販3社が上方修正 買い替え需要伸びる 今期純利益、ヤマダHDは75%増に #家電 #業績/速報
      最大手のヤマダホールディングス(HD)など3月期決算の家電量販店大手4社の2020年4~12月期決算が4日出そろった。4社のうち3社が21年3月期通期の純利益見通しを上方修正するなど好調さが目立つ。ケーズホールディングスとノジマは最高益の見通し。新型コロナウイルス禍で在宅の時間が増え、家電の買い替え需要が伸びている。  
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68844620U1A200C2DTC000/

    2. ニトリ/年末年始の休業で、1月既存店3.4%減 #家具 #業績/速報   
      ニトリ(2020年2月期売上高:6422億円)が発表した1月の月次国内売上高前年比によると、既存店の売上高は前年同月比3.4%減、客数4.6%減、客単価1.2%増となった。  全店は、売上高0.8%減、客数0.7%減、客単価0.1%減だった。出店0、退店1、国内店舗数569店だった。1月13日に「久御山店」を閉店した。 
      https://www.ryutsuu.biz/sales/n020448.html
  2. 出退店/買収

    1. ユニクロ、ホーチミン4号店を10区バンハインモールに出店へ #アパレル/ファッション #出退店/買収
      カジュアルブランド「ユニクロ(UNIQLO)」は、ホーチミン市10区にある「バンハインモール(Van Hanh Mall)」に新店舗をオープンする。     新店舗「ユニクロ・バンハイン店(UNIQLO Van Hanh)」は、ホーチミン4号店、ベトナム7号店となり、春~夏にオープンする予定。メンズ、レディース、キッズなど様々な商品を取り扱う。 
      https://www.viet-jo.com/news/nikkei/210203194100.html

    2. JR九州ドラッグイレブン、郊外出店にシフト 在宅普及や駅周辺客減で ツルハの手法も取り入れ #ドラッグストア #出退店/買収 
      JR九州ドラッグイレブン(福岡県大野城市)は郊外で大型店出店を加速する。従来はJR九州傘下で駅ビルや駅周辺に出店していたが、新型コロナウイルス禍によるインバウンド(訪日外国人)需要の消失やテレワークの浸透が逆風になっていた。2020年5月に親会社となったツルハホールディングス(HD)が持つ郊外型店舗の運営ノウハウを生かす。
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68831850U1A200C2LX0000/

    3. アレンザHD、巣ごもり需要 対応強化 ペット店積極展開/通販専門バイヤー ロス削減へDX活用も #ホームセンター #出退店/買収 
      ホームセンター「ダイユーエイト」などを展開するアレンザホールディングス(HD)は、新型コロナウイルス感染拡大への対応を強化する。コロナ下で好調なペット店を積極出店。インターネット通販部門に専任バイヤーを置き品ぞろえを拡充する。人工知能(AI)を使った商品の需要予測・発注システムの開発も急ぐ。 
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68836280U1A200C2L01000/

  3. トレンド

    1. 「ルイ・ヴィトン」の膨らむ透明ベストが中国で話題に 個性あふれるDIY動画が続々 #アパレル/ファッション #トレンド
      「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」の空気で膨らむ透明のベストが、中国のSNSで話題を集めている。デザインを手掛けたのは、「オフ-ホワイト ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」の創設者で「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のメンズ アーティスティック・ディレクターを務めるヴァージル・アブロー。 
      https://www.wwdjapan.com/articles/1174051                                              

    2. 作業着スーツ時代にフィット 新興が先陣、大手2社も参入 機能性とデザイン両立 支持 #アパレル/ファッション #トレンド
      作業着の機能性とスーツのデザイン性を兼ね備えた「作業着スーツ」の売れ行きが急伸している。新興のオアシススタイルウェア(東京・港)が市場を切り開き、紳士服専門店の青山商事、作業服専門店のワークマンも参入した。どんな仕事のシーンにも対応できる使い勝手の良さが支持される理由だ。コロナ禍で在宅勤務が増えていることも人気を後押ししている。
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68811720U1A200C2H50A00/

    3. 「偽アカ」乱立、悩む小売り SNS上で個人情報詐取 各社の販促強化を悪用 #小売業界 #トレンド  
      米インスタグラムなどで日本企業をかたる偽アカウントが急増している。100円ショップ「ダイソー」や資生堂などを装って個人情報の入力を促す。小売り各社がネットでの情報発信を強化するのに合わせ、2020年末から国内でなりすまし被害が相次ぐ。サイバー攻撃の入り口が、電子メールからSNS(交流サイト)へと変わり始めた。   
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68843540U1A200C2TJ1000/

  4. 店舗/EC融合

    1. ネット注文したデパ地下スイーツを駅ロッカーで受け取り、西武の新配送サービス「BOPISTA」   #百貨店 #店舗/EC融合
      BOPIS(Buy Online, Pick-up In Storeの略で、オンラインで購入、リアル店舗で受け取りという意味)鉄道会社と百貨店に加え、スマートコインロッカーのスタートアップが参加するオープンイノベーションの取り組みだ。西武ホールディングスの新規事業開発を担う部署「⻄武ラボ」を主体に、そごう・西武(セブン&アイグループ傘下)、ロッカーの運用と管理を担うセントラルオペレーション、スマートコインロッカーを開発するスタートアップのSPACERが協業している。 
      https://jp.techcrunch.com/2021/02/04/seibu-bopista-station-locker/

    2. スギ薬局/食事記録アプリで管理栄養士による食事指導サービス #ドラッグストア #店舗/EC融合
      スギ薬局とメドピアの連結子会社であるMediplatが共同展開する食事記録アプリ「スギサポeats」はこのほど、アプリの有料会員に向けて、管理栄養士による「食事指導サービス」の機能をandroid版アプリでリリースした。近々、iOS版アプリでも、同機能をリリースする予定だ。   
      https://www.ryutsuu.biz/store/n020447.html

    3. EC注文、店舗発送拡大ゴールドウイン 外出自粛に対応、在庫有効活用 #アパレル/ファッション #店舗/EC融合
      スポーツウエア大手のゴールドウインは、自社電子商取引(EC)サイトでの店舗在庫の活用を強化する。EC注文品を店舗から発送するサービスの自社ECにおける売上高比率を現状の数%から3年で1割とする目標だ。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響で店頭で買い物を控える顧客が増えた。店舗の在庫をECでも有効に活用する狙いだ。
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68813530U1A200C2H56A00/

    4. ププレひまわり、ドラッグ店拠点に宅配 1500円以上注文なら月会費500円で配送 #ドラッグストア #店舗/EC  融合
      広島県や岡山県でドラッグストアを運営するププレひまわり(広島県福山市)は3月、店舗を拠点とした宅配サービスを始める。1500円(税別)以上の注文であれば、月額500円(同)の会員料で何度でも無料配送する。新型コロナウイルスの感染拡大により人との接触を避けて買い物したいニーズが高まっているとみて、50代以上の年齢層を中心に、タクシーでドラッグストアを訪れる消費者などを取り込む。
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68834620U1A200C2LC0000/

  5. エシカル/サスティナブル

    1. なし

  6. 営業戦略

    1. (ザ・チーム)サミット 特売情報載せないチラシ 「集客よりファンづくり」 社外も巻き込み作り込み #総合スーパー #営業戦略 
      首都圏が地盤のスーパー、サミットがユニークな折り込みチラシで市場を攻めている。チラシは一般に安売り情報を載せて消費者を引き寄せる手段になっているが、同社のチラシには価格はおろか、商品すら載っていないこともある。大胆な企画を次々と世に送り出す背景には「店のファンづくり」にこだわった徹底した作り込みがある。 
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68829580U1A200C2XXA000/

  7. 働き方改革

    1. ダイエー、関西でオフィス面積3割減 傘下企業と集約、相乗効果狙う #総合スーパー #働き方改革 
      イオン傘下のダイエーが新型コロナウイルスの感染拡大下でオフィス改革を進めている。このほど大阪府茨木市内で稼働した関西の新事業所で同社と傘下2社のオフィスを集約した。在宅勤務も積極的に取り入れ、従来より3割面積を減らした。 
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO68812010U1A200C2H52A00/

=============================================
発信元:Search for Liberty
Search for Libertyとは、「お店をもっと自由に」をコンセプトに店舗の開業支援から収益改善・DX化まで、一気通貫でご支援する伴走型のコンサルティングサービスです。
小売のプロとしてアパレルやスーパーといった小売業を中心にサービスを展開しています。
ホームページ:https://www.search-for-liberty.com/
お問い合わせ:https://www.search-for-liberty.com/contact/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA